豊洲市場

豊洲市場

EVENTイベントレポート

豊洲市場魅力発信ツアー

開催日:

豊洲市場魅力発信ツアー

豊洲市場魅力発信プロジェクトの一環として、2月13日に「豊洲市場魅力発信ツアー」と「目利きワークショップ」を実施しました。
「豊洲市場魅力発信ツアー」は、産地の関係者・小売業者などのバイヤーの方々や、これまで豊洲市場の取材機会がなかった在京海外メディア等の方々、情報発信力のあるインフルエンサーの方々を豊洲市場に招き、見学会を通じて感じた豊洲市場の様子を広く発信していただこうと開催したものです。

当日は、178名ものバイヤーの皆さん、在京海外メディア等15社、児童・生徒向けメディア5社、20名のインフルエンサーの皆さんにご参加いただき、豊洲市場をご覧いただきました。

さらにインフルエンサーの皆さんには、ツアー終了後、小池知事とともに「目利きワークショップ」に参加していただきました。ワークショップでは、築地市場で鮮魚を専門に取扱う仲卸業者の亀谷さんと青果の仲卸業者の岡本さんを講師として招き、新鮮な食材の見分け方など、買い物のポイントを教えていただきました。亀谷さんからは、3日前に捌いた鯛と当日捌いた鯛の刺身の熟成による味の違いについて、岡本さんからは、雪蔵で熟成させることで、冬でもみずみずしい梨を食べることができる新潟産の「新高梨」等について、説明をしていただいた後、実際に試食しました。

小池知事は、ワークショップに参加した感想について、「食材をどうやって工夫するかということも市場の方々の知恵の集積ではないか」として「色々な機会を通じて私も豊洲市場について広く知っていただく努力を重ねていく」と述べました。
インフルエンサーの皆さんも、仲卸業者の方々の話に真剣に耳を傾け、メモを取ったり、カメラやスマートフォンで鯛や梨を写真におさめたりしていました。そこで得られた感想はありのままに、ブログやツイッター、インスタグラムなどで、発信していただいています。参加した皆様のブログやツイッターは、#TOYOSUMARKET1011というハッシュタグをつけて発信されておりますので、インフルエンサーの皆さんの生の声をご覧いただき、今の豊洲市場を実感していただければと思います。

目利きワークショップの様子

インフルエンサーツアーの様子

バイヤーツアーの様子