豊洲市場

開場まで

豊洲市場

EVENTイベントレポート

親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編

開催日:

親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編

7月29日(日)、主に小学4~6年生とその保護者を対象に、豊洲市場の施設や機能、また卸売市場の役割についての理解を深めていただくための、産地と豊洲市場を巡る見学ツアー「親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー」が開催されました。今日は、青果物の産地を巡る「まめ旅編」です。

朝8時半に都内を出発し、バスで埼玉県八潮市の枝豆農園へ。ここでは実際に参加者の皆さんに枝豆の収穫体験をしていただきました。
前日に東京に台風が近づいた影響で、この日の午前中は天候が不安定で、枝豆収穫中に通り雨に見舞われるアクシデントもありましたが、ぬかるんだ畑に足元を取られながらも、地元の農家さんに手伝っていただき、たくさんの枝豆を収穫しました。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編01
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編02

収穫した枝豆と共に、JAさいかつ様の施設に移動し、今度は収穫した枝豆を、一つずつもいでいきます。獲れたての枝豆はさやのうぶ毛がしっかりしていて、素手で触ると少し痛いぐらいの感触に、小学生の皆さんは驚きの声を上げていました。
もぎ終わったら一度水洗いした後、台の上に広げて塩をまぶしてこすり、うぶ毛を落としてから再度洗いします。JAの方によると、塩をまぶすことで枝豆のうぶ毛が取れるだけでなく、茹で上がりが色鮮やかに仕上がるそうです。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編03
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編04

鍋にお湯を沸かして塩を入れ、いよいよ枝豆を茹でていきます。これだけ大量の枝豆を茹でるのは、皆さん初めての体験で、鍋やザルの大きさに戸惑いながらも、JAの方と一緒に、次々と茹でていきました。JAの方によると、「茹でる時はすこし塩を多めに入れ、鍋に一度にたくさんの枝豆を入れすぎないようにするのが美味しく茹でるコツ」とのことです。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編05
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編06

茹で上がった枝豆に塩を振ったら、お待ちかねの試食です。枝豆は鮮度が落ちやすい野菜のため、小学生の皆さんもご両親も、もぎたて・茹でたての枝豆の美味しさに思わず歓声を上げていらっしゃいました。
その後は、JAのスタッフの方お手製の、枝豆を使った料理が盛りだくさんのお弁当で昼食です。枝豆入りのハンバーグや、春巻きの皮を使い、枝豆とチーズを入れた枝豆スティックなど、子どもに喜ばれるメニューで大好評でした。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編11
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編12

昼食後は東京に戻り、豊洲市場へ。先ほど収穫した枝豆がどのようにして生産者から私達の元へ届いていくのかを、実際に市場を見学しながら学んでいきます。
まず、水産卸売場、水産仲卸売場を見学した後に、青果棟を見学しました。青果棟は、卸売場と仲卸売場が同じ棟に入っており、見学に来られた方は専用の見学者コースからセリの様子を見学することができます。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編07
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編08

また、市場業者が整備した低温の状態でパレット約1,000枚分の荷物が保管できる立体低温倉庫や、施設内に厨房設備が整っており実際に調理した野菜を食べてもらえるPR施設「フレッシュラボ」も見学しました。

  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編09
  • 親子で巡る!産地と豊洲市場見学ツアー まめ旅編10

参加した小学生の皆さんからは「実際に野菜がどういう風に市場に運ばれて、お店に届くのかがわかって面白かった」「枝豆の収穫が楽しかったし、獲れたての枝豆はすごく美味しかった」といった感想が寄せられました。
皆様からのアンケートの回答などを参考にしながら、これからもより多くの方々に豊洲市場の魅力を実際に体感していただけるよう取り組んでまいります。